リビング内階段にした結果、冷暖房の効きが悪くなり、光熱費が嵩んでいる。

設計段階では、階段は廊下に設置予定だったが、今後子供が出来て、子供たちが二階への昇降の際、必ずリビングを通って家族が顔を合わせられるように、とリビング内階段に設計を変更した。

扉なども設置しなかった。また、LDKも一続きにし、仕切りも無くしたため空間が広がり、余計に冷暖房の効率が悪くなってしまった。

なので、階段の入り口に扉を付けるなどすれば良かったと思います。

現在は階段入り口にカーテンを設置し、冬場の冷気が流れ下りてくるのは防げていますが、両手がふさがった状態だと、カーテンに引っかかってしまったり、カーテンの裾を踏んでしまい、危険を感じることもあります。

また、犬を飼っており、勝手に二階に上がってしまい自身で降りれなくなっていることもあり、時々階段から落ちる姿もあり、やはり自由に登れる状況であることは危険だなと感じています。

もう少しでも妻も出産予定であり、子供がハイハイや歩き出した時に、ゲートは付けるつもりではありますが、不安は拭えません。

もし設計時に戻ることが可能であれば、妻の希望であるリビング内階段はそのままに、常時開いておくこともできるような、且つ部屋の雰囲気に合わせた扉を設置したいです。
こちらもどうぞ⇒狭山市 新築一戸建て