作り付けの収納が少なく、結果部屋の中がごちゃごちゃしてしまった

モデルハウスを見た時はシンプルで広々として見えたけれど、実際生活してみるとリビングの収納が足りず物が溢れてしまいがちに。

大きい収納家具はそれなりに値段もするので、これなら最初から作り付けの収納が充実しているメーカーを選んだ方がよかったかも。

特に家を建ててから子供が生まれたり、進学したりでリビングに置くものがぐっと増えたのも、収納が足りない理由。

キッチン側は収納が充実しており、足りないと感じることはないけれど、リビングダイニングのリビング側に収納部分がないのが良くない。

子供が勉強するようになると、勉強道具や習い事の道具、その他おもちゃ、書類など細々したものが増えてくるのでそれらの置き場所に困っています。

できればリビング側に目立たない収納棚がひとつでもあれば良かったです。

やっぱり家具を入れてしまうとなかなか動かしにくいし、それなら最初から作り付けの方が部屋の雰囲気ともマッチしているし、家具だと細かいサイズやインテリアと合う、合わないがどうしても気になってしまうので。

ちょっとお金を掛けてでもリビングに収納を増やしておけば良かったと思います。

何かと切り詰めないと、と思いがちなものですが、収納はケチケチせずにお金をかけるべきだった、と思います。

こちらもおすすめ⇒川越市の注文住宅

サイエンスダイエットはダイエット効果が高過ぎた

アイムスを与えていました。

5歳のグリフォン(パグとヨークシャテリアのミックス犬)のメス6kg弱から5kgまで落としたかったので、1日2回与えていたドックフード合計50gを、サイエンスダイエットに変更しました。

定期的な病院の検診にかかった際に、少し太ったかなという病院の先生忠告を受けたため、利用することにしました。

毎日欠かさず30分程度の散歩にも行き、おやつも適宜与えたり、キャベツやささみ、納豆など結構好き嫌いをせずになんでも食べるタイプの犬です。

ただ日中のお留守番時間が6、7時間と長くなってしまうという飼い主の世話のできる時間帯事情から、お菓子を与えてしまっていたことの積み重ねにより適性体重をオーバーしてしまった状況です。

そこでお菓子の量も少し減らしましたが、サイエンスダイエットにアイムスをまるごと変更しました。

しかし半袋程度で500g程度一気に落ちてしまった状況です。

なのでそれ以上一気に減量をさせてしまうと、愛犬の体に大きな負担がかかると思ったため(5kの犬の500g)、サイエンスダイエットだけでなくアイムスと半分ずつ混ぜて与えるように変更しました。

そのあとは徐々に適性体重に戻すことができたので、エサを変えた場合は愛犬の体重管理を日時で確認し様子をみて与えることが重要と認識しています。

続きはこちら⇒ブッチ 評判

日当たりの良さにこだわりすぎて夏の暑さに耐えられなかった

選んだ土地が線路際でした。

バス停がすぐそばにあったのと、これ以上建物が立たない安心感で決めたのですが、騒音は防音をきちんとすれば解決できると思ったし、何しろさえぎるものがないので日当たりが良いのが良いと思ったのです。

せっかく日当たりが良いのだから南向きの窓を大きく摂りました。

線路際のほうは、防音を考えて窓を少なめにしてもらいました。

いざ出来上がっって住んでみると、何しろ暑い。

しかも冬は窓が大きいので寒い。

また線路際の窓を小さくしたことで、通気が良くなくなったのか、大きい窓を開けていても風がうまく入ってこなくなってしまいました。

庭に出ると気持ち良い風が吹いていても、家の中に入るとピタッと風が止まるような状況でした。

線路際の窓和あまりとれないとしても、南向きの窓から北に向ける通風をもっと考えるべきでした。

また、南向きの窓のひさしが小さかったので、直に日光が部屋に入ってきてしまったので、昔の家の軒下のような大きいひさしが必要だったと思います。

家の向きも南向きにこだわらずに向きをきたよりにたてればよかったのではないでしょうか。

この頃の日本の暑さを考えると暑さへの対策が大切であるということがわかりました。

参考:新潟市 新築一戸建て

音が響いてないと思っていたら、思ってた以上に色々音がうるさかった家

戸建ては、頑丈なマンション以上に音や匂い、ホコリ、植木などに注意が必要で、神経がすり減ってしまった。

最初から、そういうものだと理解してから、引っ越せばよかったが、そうと分かっていれば、おそらくマンションを選んだと思う。

マンションも、構造や場所によっては、音も振動も酷いとは思うけれど、頑丈で、窓もぶ厚めでしっかりした作りのマンションは、周りの音がしない。

道路に面してなければ、車の音もしない。

もしかすると単に周りの住人が、音や振動に細心の注意を払ってくれてるからなのかもしれないけど、ほとんど気にならなかった。

戸建ての方は、安普請なのか(価格は高かったのに)

トイレや風呂など、敷地の端の方にいると、窓を閉めていても、裏の家の喋り声がしてきたり、咳払いとか聞こえてきて、本当にいたたまれないし、落ち着かないしで、不快だった。

不快に思うのはお互い様だったようで、随分と嫌がらせをしてくる隣人もいて、困った。

自分だけが迷惑を受けてる、と思ってる人達なのだと思うけれど、こちらも我慢してるのになあ…と、どう納めたら良いのか分からない状況が、ずっと続いている。

入居が決まればすぐに、境界線にサッと柵を作って目隠しをし、後は一切関心を持たない、という態度の方が良かったかな、と今では思います。

こちらもおすすめ>>>>>注文住宅 岡山市北区

リビングに2枚建てサッシを2箇所つけたが、1箇所はほとんど開けていない

窓は多いほうが光も風も入ってよいだろうと考えて、2枚建てのテラスサッシを2箇所つけたのですが、1箇所は特注サイズになってしまい細長く、つけた場所も部屋の隅っこのため、平日はシャッターすら開けない状態になっています。

もちろん外への出入りにはまったく使用していません。

見積もりの段階で、4枚建てにしようかとも思ったのですが、4枚建てにしてしまうと、シャッターが重くなって、将来開閉が困難になってしまうのではないだろうか考えて、2枚建てを2箇所にしたのですが、今思うと金額は上がってしまいますが、電動シャッターにして4枚建てを1箇所にしたほうが使い勝手も採光にも良かったのではないかと後悔しています。

平日は開けることのないほうの窓のシャッターは、毎日あけていなためか休日にあけると若干重く感じますしあけない窓の前は物置き場となってしまっています。

手動シャッターの窓2箇所(そのうち1箇所特注サイズ)と電動シャッターの4枚建ての窓1箇所。

その金額の差を見積もってもらうことすらしなかったのですが、見積もりだけでもしてもらって差額を確認して、納得して今の状態にしたのなら、後悔も少ないのですが見積もりすら取らなかったことに後悔です。もう少し考えて決めればよかったと思います。

続きはこちら⇒新築 失敗例

駐車場の真ん中にあるブロック塀のせいで後部座席のドアがあかない。

2台停められる駐車場の真ん中に仕切りのようなブロック塀がありましたが、内覧の際、ブロック塀のところまで車を下げて停めなかったのできづきませんでした。

意図的に車を下げられないように荷物が置いてあったように思います。

ですが、家を買うからにはちゃんと確認して、後部座席のドアに当たるならブロック塀を壊してもらうなどの対処をして貰えばよかったと思っています。

そのブロック塀があるせいで、後部座席に座る子供がドアを開けるたびぶつけるのでドアが傷だらけです。

あまりにもぶつけるので、結局自分で壊してセメントを塗りたくったりしたました。

業者に頼むのが1番よかったんでしょうが、ただでさえ高い買い物なのに入居1年もたたないうちにリフォームするのもなんだかしゃくだったし、お金もそこまでかけられなかったので仕方なくDIYしました。

素人作業だったので見た目が悪く、外から見える箇所なのでとても悔しい思いをしています。

壊してでたゴミは産業廃棄物なので、それを捨てるのでさえ気を使うので、本当に最初に壊して貰うんだったと後悔しています。

そもそも、ブロック塀が真ん中にある意味がまったくもってわかりません。

何を考えてブロック塀を付けたのか、施工会社に聞きたいです。

PRサイト:https://水戸市注文住宅.com/

リビング内階段にした結果、冷暖房の効きが悪くなり、光熱費が嵩んでいる。

設計段階では、階段は廊下に設置予定だったが、今後子供が出来て、子供たちが二階への昇降の際、必ずリビングを通って家族が顔を合わせられるように、とリビング内階段に設計を変更した。

扉なども設置しなかった。また、LDKも一続きにし、仕切りも無くしたため空間が広がり、余計に冷暖房の効率が悪くなってしまった。

なので、階段の入り口に扉を付けるなどすれば良かったと思います。

現在は階段入り口にカーテンを設置し、冬場の冷気が流れ下りてくるのは防げていますが、両手がふさがった状態だと、カーテンに引っかかってしまったり、カーテンの裾を踏んでしまい、危険を感じることもあります。

また、犬を飼っており、勝手に二階に上がってしまい自身で降りれなくなっていることもあり、時々階段から落ちる姿もあり、やはり自由に登れる状況であることは危険だなと感じています。

もう少しでも妻も出産予定であり、子供がハイハイや歩き出した時に、ゲートは付けるつもりではありますが、不安は拭えません。

もし設計時に戻ることが可能であれば、妻の希望であるリビング内階段はそのままに、常時開いておくこともできるような、且つ部屋の雰囲気に合わせた扉を設置したいです。
こちらもどうぞ⇒狭山市 新築一戸建て

独身27歳、ゆとり世代ど真ん中!(笑)の筆者の毎日を綴ります。

はじめまして、何かの縁でこのブログご覧頂きましてどうもありがとうございます。
27歳お年頃な独身アラサー女子の、さやかと申します。
仕事、趣味、人間関係云々、書き留めておきたいことをゆる~く綴っていきます♪

生まれも育ちも東北の仙台、現在は都内でゼネコン勤務のひとり暮らしです。
が、昨年の夏から念願の可愛いベンガルの子猫2匹と暮らし始めました♪
自己満親バカ上等(笑)な写メと動画もアップしていきます!
でも本当にかわいいので、猫好きさんはぜひ癒されてくださいね。笑

映画と小説が大好きです♪
映画は月1、小説は本屋大賞、直木賞、芥川賞にノミネートされている作品なら大体読んでいます。
桜木紫乃さん、西加奈子さんが特に大好きな作家さんです。

共通点ありましたら、コメントして頂けると泣いて喜びます!
どうぞよろしくおねがいいたします。